社会保険が受けれる葬祭費補助金制度とは?葬儀を挙げるなら知るべき助成金制度!

この記事は、社会保険の方が受けることが出来る葬祭費補助金制度をまとめてる記事です。

 

国保、後期高齢者医療保険が申請をすれば”葬祭費”が支給してもらえる葬祭費補助金制度と同じように、社会保険の方も同様に「埋葬料」「埋葬費」「家族埋葬料」どれかが支給されます。

 

具体的な手続き方法とは?

社会保険の被保険者が亡くなった場合、被保険者の勤務先を管轄する社会保険所、もしくは勤務先の健康保険組合に申請すると、「埋葬料」「埋葬費」「家族埋葬料」のいずれかが支給されます。

 

支給される金額は、下記をご参照ください。

 

■埋葬料

被保険者が亡くなった場合、埋葬されたご家族に「埋葬料」として5万円が支給されます。

 

■埋葬費

亡くなった被保険者に、被扶養者など埋葬料を受けられる方がいない場合、実際に埋葬を行った方に、埋葬料(5万円)の範囲内で実際に埋葬に要した費用が「埋葬費」として支給されます。

 

■家族埋葬費

被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に「家族埋葬料」として5万円が支給されます。

 

国保、後期高齢者医療保険の葬祭費補助金制度との違いは?

社会保険の葬祭費補助金制度は、最大5万円で統一されてるのに対して国保、後期高齢者医療保険の葬祭費補助金制度は、4万円~7万円と市区町村により支給金額が異なるのが特徴。
※しかし、ほとんどの市区町村が5万円で統一で7万円は東京23区のみ
だから、どっちの制度が得って事はないので安心してください。

 

しかし、この手の申請って面倒だし、中には「えっ?そんな制度があったの?」って人もいるのではないでしょうか?

 

特に葬儀後は、精神的に肉体的に疲れがドーンとくるので、うっかり忘れてるって事もあるけど、その申請までをサポートしてくれる葬儀社もいるんですね。

 

その葬儀社は、アーバンフューネスって会社で予算、故人、ご家族の方の要望に応じて様々な葬儀に対応してくれるとってもおすすめな葬儀社だよ。

 

【関連記事】

コメント